トリコロールエリアガイド

洋野町

位置図

洋野町は岩手県の最北東端に位置し、広大な「海」と「山」を併せ持った豊かな自然に恵まれた町です。また、港湾工事などで有名な「南部もぐり」の発祥地であり、100余年にわたる歴史の中で、多くの潜水士が世界中で活躍しています。豊かな自然にはぐくまれたウニ、ホヤなどの海の幸、椎茸、ホウレンソウ、そばなどの山の幸など多彩な旬の味覚を楽しみに是非一度おいで下さい。

洋野町 ウェブサイトへ

種市海浜公園

砂浜の江戸ヶ浜や窓岩に代表される岩礁など、種市層と呼ばれる8,500万年前の地層が複雑な海岸地形をつくっており、三陸ジオパークのジオサイトにもなっています。1年を通してサーフィンも楽しめます。

ひろの水産会館

客船をイメージした、洋野町の復興のシンボルともいえる施設。新鮮な海産物の直売所や特産品が並ぶ物産展示コーナーのほか、軽食コーナーや種市海浜公園一帯を一望できる展望室を備える町の新たな観光拠点です。

おおのキャンパス

道の駅おおの、産業デザインセンターをはじめ、木工・さき織りなどの工房、農産物直売所、宿泊施設「グリーンヒルおおの」、大野健康の湯、パークゴルフ場、動物ふれあい館など18の施設があり、「一人一芸の里づくり」の拠点となっています。

ひろのまきば天文台

牧場の高台に設置された天文台で、環境省主催平成19年度冬期全国星空継続観察一般参加団体の部で、日本一星空が見やすい場所に選ばれており、北東北最大級の反射式望遠鏡で宇宙を身近に感じることができます。

種市ウニまつり

ウニの漁獲量全国第2位の岩手県で有数の水揚げを誇る洋野町種市産ウニの販売や生ウニ丼づくり体験や殻割体験、新鮮な海産物の販売、景品付きウニ餅まきが行われるほか、ライブコンサートやまるごとフードプラザなど盛りだくさんのイベントです。

北奥羽ナニャドヤラ大会

岩手、青森、秋田にまたがる旧南部領内に伝わるナニャドヤラは、最古の盆踊りともいわれる踊りで、大会当日は街灯流し踊りが行われるほか、大野小学校校庭の特設ステージ上で、唄、太鼓に合わせた踊りのコンテストが行われます。