トリコロールエリアガイド

一戸町

位置図

一戸町は、国道4号線の縦断、八戸自動車道一戸ICの設置など、広域交通のアクセスに恵まれた町です。
「白と緑のエッセイ」のキャッチフレーズのとおり、豊富な積雪と粉雪が自慢のスキー場、緑輝く高原や、高品質の農産物、酪農も盛んで体に優しい乳製品も人気です。
また、7つの国指定を始めとする数多くの貴重な文化財に恵まれ、学術的にも注目を浴びています。四季折々の自然を感じながら、歴史と文化に触れてみませんか?

一戸町 ウェブサイトへ

奥中山高原

キャンプもできる県立児童館「いわて子どもの森」、雪質が自慢「奥中山高原スキー場」、ジェラートショップ「雪あかり」、炭酸水素塩泉「奥中山高原温泉」など日帰りでも宿泊でも楽しめるレジャーの宝庫です。

鳥越の竹細工

“竹細工の里”鳥越地域で古くから受け継がれてきた、自生するスズ竹を丁寧に編み込んだ竹細工は、特産品として高い評価を受けています。
地域の伝承施設「もみじ交遊舎」では竹細工の購入や製作体験ができます。

お問い合わせ もみじ交遊舎
0195-32-3981

御所野縄文公園

80mの「きききのつりはし」を渡った先にある、遺跡と博物館を有する史跡公園です。土屋根の竪穴住居が復元されています。
御所野遺跡は「北海道・北東北の縄文遺跡群」のひとつとして世界遺産登録を目指しています。

一戸まつり

8月の最終金・土・日曜日に行われる、岩手県北地域で最も早い秋祭りです。
5つの組による豪華絢爛な手作りの山車や、町内郷土芸能の披露、「一戸音頭」の流し踊りなどが行われる町最大のイベントです。

高森高原

冬には雪が数メートル積もり、通行止めとなる高森高原ですが、春には山菜取りや高森高原まつりで賑わいます。夏は風が気持ち良くツーリングに最適です。
平成29年に100mを超える11基の風車が建ち、風力発電をしています。

文化財

一戸町は岩手県内有数の文化財の宝庫です。
国指定特別天然記念物「根反(ねそり)の大珪化木(だいけいかぼく)」の他、小鳥谷の「藤島のフジ」、「旧朴舘家(きゅうほうのきだてけ)住宅」や奥州街道の「浪打峠(なみうちとうげ)の交叉層(こうさそう)」など、見どころ満載です。

萬代舘(ばんだいかん)

映画が大衆娯楽の最盛期を迎えた昭和31年に建築された、岩手県内で唯一残る映画館です。現在も、映画祭や寄席などのイベントが開催されている他、貸し切りでも利用できます。平成28年に国登録有形文化財となりました。