トリコロールエリアガイド

鹿角市

位置図

「青垣山をめぐらせる 天さかる鹿角の国」と、詩人・石川啄木がよんだ鹿角の豊かな自然は、数々の伝説や詩情あふれる風土をはぐくみました。また、縄文遺跡の大湯環状列石や、ピラミッド説のある黒又山など、神秘的なスポットが点在しています。農業が盛んな地域でもあり、「鹿角りんご」や「北限のもも」等の果樹、キュウリ、トマト等の野菜、大自然の中でのびのび育てられたヘルシーな鹿角牛など、おいしい食材がいっぱいです。

鹿角市 ウェブサイトへ

きりたんぽ発祥まつり

毎年11月3日(文化の日)に道の駅かづの(鹿角観光ふるさと館)で開催。秋田名物きりたんぽの発祥の地・鹿角の飲食店ブースが立ち並び、きりたんぽ鍋をはじめとする郷土料理と、ユネスコ無形文化遺産の花輪ばやし等の伝統芸能を一度に楽しめる食と芸能の祭典。

お問い合わせ 発祥の地鹿角きりたんぽ協議会
(事務局:かづの観光物産公社)
0186-22-0555

八幡平ビジターセンター

国立公園八幡平の大沼自然散策路を一望する場所にあり、原生風景が広がる八幡平の成り立ちや森に息づく多様な動植物の生態をジオラマで解説。八幡平を知り尽くしたスタッフによる丁寧なガイドのもと、子供から大人まで楽しめる自然体験プログラムも提供。

お問い合わせ 八幡平ビジターセンター
(自然公園財団八幡平支部)
0186-31-2714(夏季)
0186-25-8846(冬季)

角観光ふるさと館あんとらあ(道の駅かづの)

鹿角観光の玄関口として、伝統文化の見学・体験や地場食材の食事メニュー・お土産品を取り揃えている観光複合施設。花輪ばやし屋台展示やきりたんぽ作り体験、スライダーアクティビティーなどが人気。旅行カウンターでは鹿角観光プログラムも取り扱う。

お問い合わせ かづの観光物産公社
0186-22-0555

中滝ふるさと学舎・森のcaféこもれび

東北屈指の景勝地である十和田湖と大湯温泉郷のちょうど中間に位置する旧木造校舎を改装した自然体感レジャー施設。十和田の自然の中でキャンプや森林セラピーロード散策を楽しめるほか、カフェではノスタルジックな雰囲気の中で地元ブランドの鹿角牛を使ったメニューを提供。

お問い合わせ かづのふるさと学舎
0186-30-0248

花輪祭の屋台行事(花輪ばやし)

毎年8月19日・20日にJR鹿角花輪駅周辺で行われるユネスコ無形文化遺産登録の祭典。熱気を帯びた若者たちが奏でる軽快なお囃子と共に巡行する花輪10町内の豪華絢爛な屋台は圧巻。京都の祇園囃子、東京の神田明神囃子と並ぶ日本三大ばやしにも数えられる。

お問い合わせ 花輪ばやし祭典委員会
0186-30-0500

大日堂舞楽

毎年1月2日にJR八幡平駅にほど近い大日霊貴神社において催される正月行事。1,300年もの間、八幡平4集落が分担して守り受け継いできた荘厳で神秘的な舞は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている。当地の伝説・だんぶり長者物語に由来する多様な所作や装束は見もの。

お問い合わせ 鹿角市観光担当
0186-30-0248
大日霊貴神社
0186-32-2706 / 0186-32-2742

史跡尾去沢鉱山

開山から1,300年と伝わる日本最大級の銅鉱採掘跡を活用した観光レジャー施設。南部藩政時代の手掘り坑道や戦後の経済成長を支えた近代坑道を巡る観光坑道見学のほか、砂金採り体験や天然石掘りなどの体験が人気。レストハウスでは八幡平ポークを使ったメニューを提供。

お問い合わせ 史跡尾去沢鉱山
0186-22-0123